己斐製氷のリニューアル

制作実績

2015年4月14日

広島の氷屋さん、己斐製氷株式会社オフィシャルサイト(ホームページ)のリニューアル案件。

創業60年以上という事で既に企業としての知名度も十分にある上、地元には競合がほぼいないという状態。検索エンジンでも地元の関連キーワードでは常に上位であるため、地場競争を勝ち抜く為というよりも、ブランドイメージのさらなる向上と全国区への広報強化を主目的として設計、制作しました。

企業としての広報を強化するにあたり、存在するもあまり表に出ていなかったサービスや、技術的・製品的な強みの再整理を行い、全体の大枠を設定。一口に氷といっても多くの商品が存在しており、それらをカテゴリー別に分類し、目的別に検索できるようにする事でそれぞれの製品に光を当てる事を狙いました。

製品の露出が増えることによって商品写真や紹介文の品質も求められるようになってくるため、今後の写真差し替え及び原稿修正が容易なように設計。継続的なブラッシュアップにつながる事を視野に入れています。(更新頻度が高い部分においてはhtmlの知識がなくとも更新可能)

また、現在己斐製氷のもう一つの看板となりつつある氷彫刻の広報にも注力しています。氷アーティストの前面展開に加え、アート作品がブログ感覚で投稿できるようになっており、ジャンル別(ブライダル、店舗用など)に作品一覧を閲覧できる点は情報整理の一環。以前は外部ブログで不定期にアップされていたものが、今後はアーカイブとしてエンドユーザーがカタログのような感覚で閲覧できるようになるため、知名度向上+オーダーにつながりやすいというメリットがあります。同時にここでも写真の品質が求められるようになってくるため、彫刻現場の担当者や関連スタッフが必然的にカメラ技術や演出向上について意識するような動機付けとなります。

デザインにおいては、真夏のアウトドア感を出したいとのリクエストにより、派手でコントラストの強い夏画像を作成。実に数十枚の実写や手書きパーツなどを複雑に合成する事で成り立つ看板イメージ完成へ。

尚、今回は商品撮影などは行っておらず、冷凍倉庫や製氷現場など、一部の撮影のみ行っています。-25℃の現場での撮影自体が初めてであったため、 身を持って職場を知ることの出来た貴重なロケ。カメラが支障なく動作している点が新鮮な驚きであり、国産メーカーの仕事ぶりに小さな感激を覚えたりも・・。

デザインも内部構造も手のかかった案件(※)でしたが、現場の担当者の意気込みや熱意に制作サイドも触発され、良いコンテンツ制作に結びついた事例であったように感じます。

※弊社ポータルサイトプランと概ね同等

URL

http://www.koiseihyou.com/

実施内容

, , ,

制作期間

2.5ヶ月