Foremaがソトコトに掲載

2016/10/04

ソトコト11月号

2016年10月4日

10月5日発売の月刊誌ソトコト11月号で、弊社Forema(フォレマ)の取り組みを4ページにわたってご紹介いただきました。

ソトコトはエコロジー・ロハスな人たちをターゲットにしたエコ雑誌。下記のコンセプト(オフィシャルサイトより引用)に沿って制作されている、とても中身の濃い媒体です。

月刊『ソトコト』は、ロハスピープルのための快適生活マガジンです。地球と仲良くし、楽しく生きていくためのライフスタイルを探り、提案していくことをコンセプトに、1999年、世界初の「環境ファッションマガジン」として創刊しました。

そもそも「SOTOKOTO」とは、アフリカのバンツー族のことばで「木の下」という意味です。心地よい木陰ができる木の下に集い、さまざまなお話し合いや儀式をしてきたアフリカの人々。

樹木が醸す安らぎ、みずみずしい生命感、そよぐ風、さえずる鳥。地球といのちの交歓が、私たち人に叡智を与えてくれる。

『ソトコト』というもうひとつの木陰で、地球環境や私たちの暮らしについて議論しあい、未来につながるいい知恵を生み出そう。そして、それを愉快に伝えていきたい。

そんな想いが込められています。

forema ソトコト

11月号は「日本の森で起きていること」をテーマに数々の取り組み事例が紹介されており、とても新鮮な内容。普段なかなかスポットライトがあたらないところにも光があたっており、全体を通してとても面白く読める内容です。

全国誌なので基本的にどこでも購入できるはずですが、お買い求めは大きめの書店が確実かもしれません。