ドローン空撮は誰でもできる


Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
5PM5

ドローンを飛ばすのは、実は簡単です。勝手に飛んでくれるからです。にも関わらずドローンでの空撮にはお金がかかります。なぜでしょうか?

撮影にはお金がかかる

ドローンでの撮影にお金がかかるのは、スチール写真を撮影するのにカメラマンの費用が発生するのと全く同じ理屈です。カメラマンに撮影をお願いして、「カメラなんか誰でも撮れるじゃないか」という人はあまりいません。誰でも扱えるように便利で高性能になった現在のカメラでも、素人とプロの差は歴然としていますし、それは今後も変わらないように思います。

ドローンの登場前には、空撮はヘリコプターやセスナで行うのが一般的でした。よってとても高額な費用が発生していたわけですが、その中にはガッチリとカメラマンの撮影費用が(時に割高に)加算されているのですが、航空機という立派な機材の陰に隠れて見えにくかったというのが実情です。

全国展開している写真館の場合も、いかにも写真は安いような扱いをしていますが、実際には額やアルバムの種類によって値段が跳ね上がります。額とか枚数などは原価はとても安いのですが、付加価値をつけてとても利幅の大きい商品としてバンバン売り上げており、撮影費用が形を変えているわけです。

撮影スキルそのものに対して実は金が発生しているという事です。

飛行料ではなく技術料

では、撮影に対して発生する料金は何を元によって決まるのでしょうか?それはいわゆる「神の見えざる手」による市場原理で、自然にやんわりと相場が決まっていきます。現在の中国地方の相場(写真)は4万円台後半〜で推移していますが、その中での差はオプションや基本的な設定(フライト数や枚数、拘束時間など)の差だったりします。

弊社の場合は生データ撮影+補正が前提の価格設定をしています。見渡す限りドローン撮影で生データをフル活用している事例は地方都市では少数派のようなので、その意味では付加価値と言えるのかもしれません。

リスクに対しての費用

空撮費用の中にはリスク代金も含まれます。人身事故や物損事故は当然保険でカバーするわけですが、もっと根本的なリスクがあります。ドローンの破損、つまり墜落です。先程中国地方の写真相場は4万円前後と記載しましたが、これはDJI社のPhantomシリーズ(13〜20万円)の話です。上位機種を50〜100万円くらいの上位機種を持っているところでも、実際にはPhantomシリーズを使うことが大半だったりします。(一般の案件相場では)リスクが割りに合わないからです。

ドローンは墜落するとほぼ全損で買い替えです。10数万の機材が一瞬で消える、これは通常のスチル撮影ではあり得ないことで、よってこのリスクもやんわり加算されています。

ドローンは誰でも飛ばせるがお金がかかる

上記以外にも、日々変わっていく法的な問題の学習や業務知識の蓄積など、費用が発生する細かい要因は多々あります。

まとめると、ドローンは(小学生も含め)誰でも飛ばせるが、ちゃんと撮影するにはお金がかかる、という事になります。

Atelier Aje

ドローン空撮トップページへ