動画編集の価格について


Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
6AM6

動画制作案件において、編集だけという相談が時々あります。特に「編集だけだといくらですか?」という問い合わせは難問で、正直に「分かりません」と言うとだいたいそこで話は終わります。一方で、見積もりを出そうと詳細を聞き取ると全く要領を得ない回答が返ってくることも少なくありません。

では、実際に「編集だけ」の費用はどれくらいが相場なのでしょうか?

動画編集費用の算出

マウスと桜
素材写真っぽいが自社撮影。仕事風景の一貫。偶然舞い込んだ花びら。

費用の算出は各社それぞれだと思いますが、弊社は外注はしない、下請けもしないというスタンスなので、単純に工数で見積もることが大半です。目安として1時間5,000円〜10,000円です。サラリーマンの人がこの数値を見ると、時給5,000円〜10,000円はぼったくりだ!となるかもしれませんが、経営陣の視点だと、特殊技能でない普通の正社員でも時給5,000円くらいはかかっているもので、世の中の水準を鑑みても別段高い金額ではありません。(が、誤解されやすいので工数という単語で濁しているのが世間の実情)

では、5,000円と10,000円の差はなんなのでしょうか?それは難易度だったり特殊性、付加価値などで調整しています。動画制作のように特殊性、専門性の高い領域であっても、一定以上のスキルがあれば「誰がやってもそんなに変わらない」ような業務もあり、そういうところでは1工数を5,000円で対応したりします。Web制作で言えば一般的なコーディングなどがそれに該当します。

動画編集の難易度と工数

鹿角ドッグガム NHK
これはNHKのプロによる撮影風景。こうしたしっかりした素材があれば編集は安泰となる。

では、実際に動画の編集だけ頼まれた場合、どのくらいの費用を見るべきでしょうか?弊社の場合は、一番最初にクライアントがイメージする参考動画を拝見して見積もることにしています。で、編集だけ、と言われた場合、超ハイスペックな参考動画が提示される事もあります。よって5,000〜10,000円の工数計算で算出するならば1工数あたり10,000円で計算すべきところなのですが…。実際にはそうはなりません。というのもハイスペック動画に仕上げるのはハイスペックな撮影が必然なわけで、それができる撮影者は当然編集までも行えるのが世の常だったりします。

世の中には神の手のような人もいて、どのような元素材でも一流に仕上げられる人材が一定数いるのだと思いますが、弊社にはそこまでのスキルがありません。よって「編集だけ」という仕事は対応できないケースが多いというのが現在の実感です。

それでもざっくり算出する場合、「提示された参考動画をフルで作成する場合の半額」として概算を案内しています。30万くらいの動画なら15万といった具合に・・。

動画制作と音楽制作は似ている

碁盤とナショジオ
事務所内の風景。

弊社では音楽制作やミックス、マスタリングの依頼にも対応していますが、ミックスだけ、マスタリングだけ、というのは広島ではまずあり得ません(たまーに相談あります)。そしてあったとしても対応は難しいように思います。

これは動画と全く同じで、元のレコーディングが業務品質に達していないとミックスやマスタリングで回復させるのは絶望的だからです。場合によっては不可能ではありませんが膨大な時間と労力を要します。

以前アーティスト系の制作を行っていた頃があるのですが、その時はレコーディングから携わっており、下手な歌い手の場合はピッチ補正を前提とした録り方をしていたので(失礼ながら)素材の悪さを後から回復させることが可能でした。結果としては、制作の大半がヴォーカル補正という苦行を経るわけですが..

これがメジャーアーティストの場合はとても楽なもので、補正もほとんど必要ない(もしくはズレていてもそれが味になる声質)ので、その後の工程(ミックス〜マスタリング)はとても楽です。これは既存楽曲のリミックスにしても同様です。メジャー楽曲のリミックスはよほどヘマをしない限り”いい音”に仕上がります。

動画編集はフォトレタッチとも似ている

海軍大臣 山本権兵衛
日露戦争の時の海軍大臣 山本権兵衛。7年くらい前に白黒を現代写真っぽく復元したもの。レタッチと言うほどのものではない。人工知能で自動化される領域。

動画編集のプロセスおよび苦楽はフォトレタッチとも似ています。写真系も映像系、音系と同じで元の素材がよければその後の苦労は極めて少なく、元素材が良くないほど求められる工数とスキルは激増します。結果として費用も倍増するのですが、良くない素材が持ち込まれる案件で予算が潤沢なケースはまずありません。ここが世にある不条理と言っていいかもしれません。

弊社は、映像制作における「神の手」は持ち合わせていませんが、フォトレタッチにおける「神の手」はかろうじて持ち合わせています。が、近年はほとんど封印しています。受けられない案件は受けられない。そのスタンスこそが、自社にとっても同業他社にとっても有益なのだと感じているこの頃です。

Atelier Aje

動画制作 トップページへ