採用したのにすぐやめる理由


Warning: Use of undefined constant yy - assumed 'yy' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Use of undefined constant mm - assumed 'mm' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Use of undefined constant dd - assumed 'dd' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
1AM1

あらゆる業種でよく聞かれる「せっかく採用してもすぐ辞める」という言葉。これ、なぜだか考えたことありますか? ヒントは、これと対極にある言葉。すなわち「入ったら全然違った。」という事です。

学生時代を思い出すと見えてくる真実

今採用する立場にある人に思い出して欲しいのは学生時代のアルバイト。求人情報誌に書いてある事、ほとんど嘘でしたよね。これは新卒の募集要項も同じで、ついつい近年まで求人概要は「あくまで参考程度」のもの。近年求職者の売り手市場になり、またブラック企業が公表されはじめてようやく”多少はまともになった”というのが実態です。

経営者や採用担当の人からすれば「そんなの仕方ないじゃないか」というのが正直なところでしょう。そこであらためて学生時代のアルバイト経験を思い出して欲しいのです。だいたいみんなバイト先の悪口言ってませんでしたか?それでも学生だし、人生かかっているわけではないし、友達もいるし、次を探すのが面倒だし・・、と言う事で半年くらい続けてやめたり、2年くらい頑張ったり、というのが青春時代のライフスタイルだったはず。

そして今、多くの求職者は近い心情にあります。右肩上がりではない時代、多くは望まない中で自分の条件にやっと合った職場を見つけ、どうにか採用されてホッとしたのも束の間。入って見たら募集概要と違った! ここで踏みとどまって石の上に3年座るのは20世紀の世代。それ以降に社会に出た人たちはそれ以外の選択肢がある事を知っています。(もちろんダメ人間が多いという背景も多少はあります・・)

なぜ嘘の求人概要がまかり通るのか?

これは採用側が嘘つきのケースもありますが、大体が求人情報誌の「盛った原稿」に問題があったりします。求人情報誌は高額の掲載料をとっている以上成果を出さなければならず、とりあえずエントリーが増えるよう、採用担当者が言ってもないような事を書いたり、誘導したりして現実とは異なる求人記事を書く事があります。

写真も、その会社ではない素材写真を使ったりするので現実離れする記事がしばしば存在するのが実情。結果としてミスマッチを引き起こし、失敗した求職者は次のエントリーに慎重になります。人材の流動性を奪っているとも言え、社会的にもマイナスです。その状況を打破する一つのツールとして求人動画が挙げられます。ミスマッチを経験した人は、そこに書いてあることが本当かどうかを慎重に判断します。怪しい場合は気になるまま保留にしてやがて時が過ぎ去ります。この時、判断材料として動画があると、言っていることが本当か? 書いてあることとしゃべっている事に矛盾はないか? そもそもこの人が好きかどうか? その他様々な情報が得られ、保留のまま放置は減少します。結果、エントリーもしくは除外のどちらかに振り当てられ、最終的にはミスマッチも減り社会的損失も軽減されるというもの。

弊社が求人動画をイチオシするのはまさにこの点で、採用側にとってだけでなく、求職者にとってもハッピーで、ひいては社会全体にとってプラスという事。大げさに言えば国益に沿っています。

Atelier Aje

求人動画・コンテンツ制作 トップへ