超人手不足!飲食店の求人ページの件


Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
2PM2

以前から何度か制作のお手伝いをしていたとある飲食店の求人案件に関わらせていただきました。このお店にかかわらず、同業種のお店は例外なく人手不足。繁忙期がやってきても人がいないからお客さんを入れられないという、ものすごい苦痛がもうすぐやってくる、助けてくれ! という流れで弊社が求人のお手伝いをすることになりました。

求人内容の見直し

最初にやったことは求人内容の見直し。時給の相場観や入店メリットなどを洗い出し、他店との差別化をはかります。見直せばそれなりに良い点は洗い出され、なんとか求人概要の体裁は整います。が、これはようやくスタート地点に立っただけ。マイナスが払拭されてようやくゼロの状態都営ます。

写真撮影

店内撮影は最低限必須の項目です。どんなお店で働くのか? それすらわからないような求人に人が集まる時代は終わりました。もちろんスマートフォンで画質の悪い写真を載せるものNG。むしろイメージが悪くなる場合もあります。というのも、このお店は照明が暗めでテナントにも窓が少ないのでスマートフォンで撮影するとものすごいノイズが出ます。そんな写真ならない方がいい。

という流れで弊社で店内撮影もきっちり行いました。広角レンズを絞って長時間露光を行い、生データで書き出したものをしっかり現像します。プロのカメラマンが普通にやるプロセスが、どういうわけか求人広告ではすっぽり抜け落ちていることが多いです。逆にここをしっかりしておけばかなり有利に採用を進めることが可能です。

人物撮影

店内撮影の次は人物撮影です。実際のところ、求人案件で最も重要なのがここ。条件の良し悪しよりもこちらの方が比重が思いといっても差し支えないと思っています。どんな人が働いているのか? どう思って働いているのか? を自然体で撮影して記事にする、これだけで臨場感は倍増し、応募が増えると同時にミスマッチが減少するというメリットがあります。

動画撮影

今回はどうしても困っているということで動画撮影も行いました。この場合、愛嬌のある人であればどんどん出て欲しいのですが、そういう人に限って来月やめる予定、とか春に卒業する、などの制約があるもの。今回はなんとか撮影できましたが、メンバー的には賞味期限が短い動画となりそうです。

なお、店長やオーナーが無愛想、もしくは強面という場合は、たとえどんなに人当たりが良くても動画や写真には出ない方がいいです。

テコ入れの結果・・

そんなわけで飲食店の求人テコ入れをした結果、欲しかった層から応募が続いたそうで、繁忙期の危機は乗り越えられそうでした。

が、問題はその後です。人が足りないお店は慢性的に足りておらず、その原因は採用しても長続きしないから。いくら求人を強化しても「辞めてしまう原因」をどうにかしない限り苦しみはエンドレスと言えます。

という事を、他店の例も踏まえてソフトにコンサルして今に至っています。

Atelier Aje

求人動画・コンテンツ制作 トップへ