求人動画を制作する理由


Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
7PM7

Atelier Ajeでは近年、求人用途に動画を導入することに力を入れています。いわゆる求人動画です。Webで検索してみるとよくわかるのですが、求人動画という言葉自体がまだ確立されておらず、よって求人動画制作に力を入れている事業者というのも全国的にまだ多くないようです。

なぜ求人動画なのか

弊社が求人動画に力を入れるのは、動画の有無が採用の成功に明らかに貢献しているからです。一見当たり前に思えるかもしれませんが、地方都市においては求人はおろか、プロモーションにおいてですら一般企業(大企業を除く)や店舗 が動画を活用する事は稀です。よって、実際に求人に動画を導入した場合としていない場合の比較が行われていないのが実情です。そんな中で弊社が見つけた(当たり前の)真実。それが「求人は動画で成功率が格段に高まる」という事です。

その真実はどうして分かったのか

そうは言っても、企業やお店によって求人条件は異なるのに、なぜそれが動画の恩恵だと断言できるのでしょうか?それは弊社が実際に求人サイトを2つ運営してきた実績から得た経験則です。求人サイトを運営していると、同じような立地、条件、業種の案件というものはしばしば存在します。それらはABテストの要領でさまざまな比較実践のステージとなります。文言を変えたり写真を変えたり、レイアウトを変えたり、そして動画を加えたり。写真や文言、レイアウトで実際に応募率に変化や差は出ます。が、動画があった場合、そもそものエントリー数、そして人材の質に差が出ることが分かってきました。

動画の導入で人材の質が変わる

近年のBtoCのWeb媒体は9割がスマートフォンからのアクセスです。求人メディアも例外ではありません。では、スマートフォンで記事の動画まで閲覧する人は実際にどれくらいいるのでしょうか?実はとても少ないです。ソーシャルメディアのエンタメ動画や派手な広告動画はよく見られますが、そうではない硬くて真面目な情報動画を閲覧するのは一部の熱心なユーザーのみです(動画は通信状態にも左右されるので尚更)。弊社が持っている数値データでは、求人ページで動画まで閲覧するのはわずか数パーセント。とある案件では閲覧率1パーセント前後ということもありました。100人が求人案件を閲覧したとしても、その中の動画まで閲覧する人は1人か2人という非常に寂しい結果です。

では、”とある案件”は失敗だったのでしょうか?いえ、結果的には成功しました。なぜならわざわざ動画まで閲覧してくる人材は暇つぶしの閲覧者ではなく、能動的に情報を集めている意欲の高い人材だったから。よって動画を熱心に閲覧し、記事の文章を閲覧し、書いてある内容と言っている事に矛盾がないことを確かめた上、自分に合っていると判断すれば高い熱量を持ってエントリーしてきます。業種問わず、採用側が最も欲しい人材が集まるわけです。

動画によって応募が増え、ミスマッチは減る

求人広告は高額で、しかも近年は人手不足で応募すらないのが実情です。毎月10万円出しても1人も応募がない、という事例も当たり前。最大手の求人広告であれば月に50万円くらいのプランに出せばそれなりにエントリーはあるようですが、それでやっと人が来てもミスマッチですぐに辞めていく、そういう現実をいろいろなところで耳にします。その点、求人動画は自社コンテンツですから求人広告会社の料金枠に縛られず、一律にPRが可能です。差別化にもつながる上、ピンポイントで人の心を動かすので応募自体が増えますし、熟慮した人たちが応募してくるのでミスマッチは減ります。費用対効果は抜群だと言えます。

そういう理由なので、弊社は近年、求人動画の制作に力を入れているわけです。

求人動画制作、一般動画制作は下記のページで詳細を明記しています。

求人動画制作

Web動画制作

Atelier Aje

求人動画・コンテンツ制作 トップへ