SEOは誰に頼むべきか?

誰にSEO対策をお願いするのか?

検索エンジン対策に対しての需要は非常に多いです。SEOという言葉はいまや零細企業の担当者でも知っているキーワードとなりました。しかしながら、現実にSEOで満足のいく結果を出せている会社はほんとうに一握りです。理由は、SEOは一時業者が片手間でやるにはハードルが高すぎる一方で、外注するにはリスクが高すぎる為だと私たちは考えます。

実際、SEO対策専門の会社でまっとうな会社は稀有で、多くの場合、高い費用だけが発生して効果は無いというケースだと言っていいかもしれません。この原因は、そもそもSEOを外注する相手を間違っている点にあります。

SEOは本来、まっとうな制作スキルと知識、多くの運用経験を元に為されるものであり、熟練者以外で早々結果の出せるものではありません。SEO熟練者=制作・運営の熟練者 という構図は間違いありません。が、時々検索エンジン(つまりgoogle)にも不完全な部分があり、裏技的な手法で検索エンジンを騙す事で、楽をして検索順位を上げられる時期がありました。ただ、これは裏口入学と同じで、あくまで例外であり、そしていつかは淘汰されます。

パンダとペンギン

現実に、2014年の現時点で、裏口的な抜け道はほぼ存在しないと言ってもいいでしょう。少し詳しい人であれば、ここ数年、ペンギンアップデートとかパンダアップデートという言葉を耳にした事があるかもしれません。これは、裏技みたいな手法(スパムページ、偽装リンクページなど)を根絶するためにgoogleが不定期で行うアルゴリズムのアップデートで、まともなページか、イカサマページか、白黒着けようや!という意味でパンダとかペンギンとか言われています。

こういったアップデートのおかげで、悪質なページはおろか、意味の無いページ、死んだページ、中身の無いむなしいページはどんどん検索下位に押し下げられ、場合によっては検索結果から除外されています。その結果、SEO専門業者はなすすべがなく、まともな制作力のある制作者だけが残ったというのが現在の状況です。

Atelier Ajeは派手なデザインを打ち出しているので、見た目重視と思われがちですが、実際には検索エンジン対策のプロフェッショナルです。知識や制作における技術的なアドバンテージはもちろん、多くの自社媒体を運営してきた経験則や生きたデータに日々接する事で、通説とはちがった、本当の検索エンジンの傾向を身を以ってリアルタイムで察知しています。

逆説的に言えば、自社媒体で成果を出している会社こそ、SEOのスキルも本物であると言えるように思います。

SEOに困った時は、下記お問い合わせボタンよりご連絡下さい。