検索順位がガタ落ちした意外な原因・・


Warning: Use of undefined constant yy - assumed 'yy' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Use of undefined constant mm - assumed 'mm' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Use of undefined constant dd - assumed 'dd' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
5PM5

とあるクライアントのポータルサイトが主要キーワードで検索順位の2ページ目まで下落しました。以前は1位もしくは2位あたりにいたにも関わらず。そこで原因を調べて見ました。

いつからこうなったのか?

重要なのは、いつからこうなったのかという事。それが分かれば、その時何をしたのかを洗い出す事で原因が見えてきます。そのためにもアクセス解析のチェックが欠かせません。

が、、。

特にいつから下がったという事は無く、長い時間にじわじわと下がり続けて今に至るというのが現状。これはマズイ。これでは原因が突き止められません。ではどうするか?

何が原因か?

原因を調べるために検索結果を精査することにしました。以前トップだったキーワードをいくつか検索してみると、1ページ目にあるのはほとんどが見た事もないようなサイト、もしくはこの頃急によく目にしはじめたサイト。そしてことごとく同じようなつくりをしていて、、。

そう、キュレーションサイトです。1ページ目は大手情報サイトとキュレーションサイトに占有されていました。これは検索順位が下がったというより、相対的に押し下げられたというのが実態です。そしてこれはユーザーからすれば砂漠でしかない。

キュレーションメディアが増えた

キュレーションメディアとは、外部ライターやユーザーらにひたすら記事を書かせ、一挙に文量を増やして検索上位を強襲するメディア。少し前に一つ二つが有名になった途端、そのモデルを真似て類似サービスが大量に登場しました。で、日本人の悪い癖で、そういうのに一斉に人が群がる。これはエンドユーザーがというより、ベンチャーキャピタルなどの投資関係者が馬鹿の一つ覚えでグワッと一斉に群がるわけです。そこに理念はありません。そしてそのとばっちりが一般のサイトに降りかかっていると言っていいでしょう。

対策は?

ではどうすればいいのか?? こういう場合、待つしかありません。この件に関し、googleは無益なまとめサイトを段階を経て除外していく方針を持っているようで、少しずつ改善していくとの事。とは言え一向に進んでなさそうですが、ともあれ時には待つしかないのもSEO。一定期間上位にいたサイトはサービス名で検索されることも多く、逆にキュレーションメディアはことごとくスルーされるという事もありますので一喜一憂せず長い視点が必要だと言えます。

Atelier Aje

SEO トップページへ