なぜ自前サイトの求人ページが重要なのか


Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: A non-numeric value encountered in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44

Warning: Division by zero in /home/atelier-aje/atelier-aje.com/public_html/wp-content/themes/atelierAje2015/content.php on line 44
7PM7

従来、外部求人サイトに依存せざるを得なかった人材採用。近年その傾向が大きく崩れ去ろうとしています。きっかけは世界最大の求人サイトIndeedで、2012年にリクルート社の傘下に入っています。Indeedの特徴は、有料プランであれば検索結果に自社求人ページを表示させられるという点。外部求人サイトを介さなくてもいい仕組みを普及させながら今に至っています。が重要なのはここからです。

2017年夏、検索最大手のgoogle社がアメリカで求人情報専用のgoogle for jobsをリリースしました。これは明らかなIndeed対策と言われており、まだ高額なIndeedの有料プランを突き崩し、かつgoogleが主要プレーヤーとして台頭するということ。google for jobsが始まっている地域では、検索結果に企業オフィシャルサイトの求人がピンポイントに表示され、今後は求人ページへの流動性が飛躍的に高まっていくと予想されています。そして日本への導入はもう時間の問題です。

これにより、近い将来、google検索でサロンのオフィシャル求人ページがダイレクトに表示される事となります。

例) 広島 中区 アシスタント バイト で検索
従来であれば求人大手が検索結果をびっちり埋めていました。が、これからはgoogle for jobs のダイレクトな検索結果が反映されて各店舗、各企業のオフィシャル求人ページがピンポイントに表示されるようになります。

その時のためにも、サロンオリジナルのページは用意しておくべきであり、求人ページの用意や編集といった運用経験は今のうちから蓄積しておくべきです。

Atelier Aje

美容室 サロン用ホームページ制作へ