時代はビジネスブログ

ビジネスブログとは?

呼んで字のごとく、ビジネスに特化したブログを指してビジネスブログと呼びます。

と言っても、特に難しいことは無く、経営者やスタッフ、店長が仕事に関連する日々のこと、もしくは完全にプライベートな事を明記していくもの。初めてのお店や会社の雰囲気や人柄を知る為に欠かせないツールとなっています。

一般的にブログというと、Amebaやライブドアなどを思い浮かべますが、ビジネスブログでは、出来る限り独自のブログを用意する事をお勧めします。

理由としては、ブログ執筆の先には常に『顧客獲得』が念頭にあるわけで、仮想現実的な遊び要素の強い外部のブログシステムだと、ビジネスとしての姿勢に疑問を抱かれるケースも考えられるからです。
…という理由もあるのですがこれは二次的なもの。

Web的観点で申し上げると、重要な理由は以下。

1.せっかくホームページに来てくれたお客様が外部のブログに飛んでしまうのは明らかにマイナス。

2.いきなりデザインが変わる、その落差に疑問。

3.独自のブログを用意した方がSEOに効果的。

まず1から説明します。ホームページの効果を計る目安として、ページビュー数があります。これはお客様がホームページを何ページ閲覧したかを示すもので、興味の強さの目安になります。できるだけ多く、できるだけ長くホームページにとどまってもらう事が売上げにつながるのはほぼ間違いないため、ここでわざわざ外部のブログに出口を設けるのは得策ではありません。

いくら自社のブログとは言え、外部ブログは意味深な広告文字や派手なバナーなどが多数。あっという間にお客様の興味がそちらに注がれてしまう恐れがあります。これはなんとしても避けたい事態ですね。

 

次に2ですが、特にデザインを意識して制作している私どもからすると、いくら同じ店、企業のブログでも、まったくテイストの異なる別物デザインが突然現れるのはどうなのかと…。いったいどっちが本物なんだ!?との疑念が潜在的に芽生える可能性は高いと考えています。

 

そして3ですが、これは見落とされがちですが重要です。
SEOに関する別項目でも明記しましたが、検索エンジンはホームページの質と量を重視します。どうせ日々文章を書いていくのであれば、外部ではなくホームページ内にブログを設置した方が合理的です。ビジネスブログですから業務に関する内容の記事も多いかと思います。そうした一字一句を検索エンジンは日々読み集め、長期的なホームページの価値を判断します。

また、更新の多いサイトほど検索上優遇される傾向があり、またお客様から見ても活きたお店・会社を見る事で、購買意欲につながる事も期待できます。

逆に、2年くらい更新されていないブログなどは逆効果の最たるもので、『このお店、まだあるのかな…??』といった無用の疑惑を招きかねません。

文章が下手でもかまいません。

話題が平凡でもかまいません。

日々ビジネスブログを書き続ける事で、ホームページは必ず育ちます。
(同時に経営者もしくはWeb担当者も育ちます。)

慣れてきた頃に改めてSEOを意識した内容や話題に意識的に切り替えていく事で
さらに伸びしろが期待できます。

Atelier Aje では、ビジネスブログ用ツールとしてWordPressを採用しています。
詳細は随時お問い合わせください。